授乳に関する悩みと解決法のまとめ

赤ちゃんの免疫力や情緒の形成にとって、「母乳」は欠かせないものです。

しかしながら、赤ちゃんに母乳を与えるための大切な作業である
<授乳>がうまくいかないことに悩んでいるママさんは、いつの時代も必ずいるものです。

授乳に関する悩みでは、

母乳が出ない(少ない)

飲んでくれない

痛みを感じる

以上の3つがほとんどを占めます。

このサイトでは、それぞれのケースに分けて原因と解決策を紹介していきます。


母乳が出ない!

まず、典型的な問題である「母乳が出ない」という悩みは
特に”初産”の方に多く見られるものであり、極端に心配する必要はありません。

更に、出産後2~3日は数滴しか出ない方も珍しくありません。

実際には、特別に焦る必要がないケースがほどんどなのです。

多くの方が1ヶ月程度で”量”は安定し、1日に800ml程度が出るようになります。

それでもどうしても出ない!場合の原因と対策

妊娠することで、出産が近づくににつれて乳房が発達してきます。

乳頭の発達や母乳の充填は、全て女性ホルモンの働きによるものです。

基本的には、”いつまでも出ない”ということは非常に稀です。

早い方は妊娠中期に出始めることもあり、出産後には少しずつ出るようになってきます。

出産直後は黄色っぽい母乳が数滴出る程度で、3日程何も出ない方は稀にいます。

”全く出ない”というのは極めて珍しいケースなので、焦らずあまり心配せずに気長に待ちましょう。

>>授乳に悩みママにまず試して欲しい授乳環境改善ハーブティー

授乳の繰り返しでちゃんと出るようになってくるもの

少しずつ出始めた母乳は、授乳を繰り返すことによって徐々にスムーズになりまs。

また、母乳を意与えても、飲んですぐに欲しがることで
「母乳不足なのでは?」と悩む方も多いようですが、
1度に飲める量が少ないためです、それほど心配しなくても大丈夫です。
(しばらくは「1日12回程」の子も!)

また、赤ちゃんも徐々に飲むのがうまくなるものです。

更に成長することによって、1度に飲める量が増えていきます。

妊娠中・出産直後の乳房が「張った」状態は痛みを伴うこともあります。

脇の下の方から乳頭にかけて、コリをほぐすように
ゆっくりと細胞を傷つけないよう、揉み解すことで張りを軽減することもできます。

授乳はママも赤ちゃんも練習することによって、うまくなっていきます。

”出せるように”ではなく、”飲めるように”ということも考えてあげましょう。

巷では”母乳で育てることがいいこと”とされていますが、
栄養的な観点から、少し粉ミルクも併用した方がいいとも言われています。

また「陥没乳首」であるために、授乳に不安に思っている方もいるかもしれませんが
乳首全体を口に含ませるように慣れさせれば、全く問題ありません。

母乳を飲んでくれない!

3ヶ月目位までの授乳の回数は、平均して1日10回前後とされていますが
母乳が出ていない(少ない)・乳首を吸っているだで飲めていないサインとして

  • 飲んでも泣き止まない
  • 頻繁に欲しがり、離さない
  • おしっこ、ウンチの回数が少ない

以上をチェックしてみることが必要なケースもあります。

粉ミルクは飲むが、母乳を飲まなくなる症状は
「乳頭混乱(ニップルコンフュージョン)」と呼ばれ、
粉ミルクと母乳を併用して与えている場合に良く起こる現象です。

「哺乳瓶」で飲む方が楽に吸えるため、
乳首に変わった際の飲みづらさから拒否してしまうと言われます。

また、ママが塩分を取りすぎている場合も
母乳の味が変わり、嫌がることがあると言われています。

「乳頭混乱(ニップルコンフュージョン)」について詳しく知りたい

しっかりとげっぷをさせよう

赤ちゃんが<ゲップ>をする意味は、成人と同じものであり
胃に入ってしまった、「余計な空気」を排出するためです。

生後3ヶ月位までは、母乳をうまく飲むことができず
余計な空気が胃に入りやすいため、より頻繁になります。

授乳をした後に優しく背中を叩いてあげて
ゲップをさせる(覚えさせる)ことが一般的です。

ゲップしないとどうなってしまうの?

ゲップをしないことによって起きる、少し注意すべき現象としては
胃が空気で満たされてしまうことによって、満腹感を感じてしまうことです。

栄養を十分に取り入れていないにも関わらず、
それ以上飲むことができないため、栄養不足になってしまいます。

授乳の途中でも、母乳自体を飲んでいないなと感じたら
乳頭を口から話してゲップさせてあげましょう。

その後に、改めてしっかり母乳を飲ませてあげることが大切です。

生後半年もすれば、自力でゲップすることを覚えているはずです。

叩いてさせてあげる必要はなくなり、授乳もスムーズになり
満腹まで自分で飲めることによって授乳の頻度も安定してきます。

生まれてから全くしないことはありえませんが、頻度が少ないこともあります。

不調がおきなければ問題ありませんが、しなくてもいいのか
したくても出来ないのかを見極めてあげる必要があります。

排出できなかった空気は、おならやウンチの際に
ガスとして排出されるため、体内に溜まるということはありません。

授乳の際に痛い!

これはおそらく誰もが経験することですが、
妊娠中期から乳房が発達してきて、「生理前」のような痛みを感じ始めます。

出産後に母乳が充填されてくることで、内部からの少し違った痛みに変わってきます。

また慣れない吸いつきによって、かぶれたり裂傷を負ってしまう方もいます。

”張り”による痛みは搾乳機を使うなどして避けることができますが
乳頭の裂傷は痛みを避けることができません。

我慢して与え続ける方もいますが、一時的に粉ミルクにするなども検討しましょう。

「乳腺炎」による授乳時の痛み

授乳の後に「乳首」が痛くなってしまう悩み

母乳環境を改善するおすすめの「ハーブティー」

母乳の出が悪く「しっかり飲めていないんじゃないかな?」と心配しているママは多いようです。

また、バストの張りが痛くて仕方がないにも関わらず
”張っている割りに出ない”というケースは、特に初産の場合に多い傾向があり
赤ちゃんにとっても、「吸っても飲めない」ということでストレスになっています。

現代では、「搾乳機」なども手に入りやすい状況ではありますが
できれば自然に出す、自然に飲める環境を作りたいと思うはずです。

こういった、母乳に関する悩みの改善策として
授乳の環境に効果のある、「ハーブティー」を紹介します。

ミルクアップブレンド

「ミルクアップブレンド」は、妊婦・産後の女性のためのアイテムを販売している
「AMOMA」社の商品であり、会社の名前は耳にしたことがあるママも多いと思います。



”ナチュラルケア”にこだわる会社であり、
アレルギーが心配という母子も、安心・安全に利用することができます。

状況に合わせて、様々な種類が豊富なことも魅力です。

「オーガニック」という点からも、授乳期間中のママが安心して飲む事ができるアイテムです。

>>「AMOMA-ミルクアップブレンド-」の公式ホームページはこちら

母子の不安(不満)の解消につながる

「ミルクアップブレンド」の特徴としては、母乳が”増える”だけでなく
出やすく(吸いやすく)なり、ママにとっても・赤ちゃんにとっても不満の軽減につながります。

長い期間にわたって、口コミで好評価を受けていることから
実際に、”どんな方”にも一定の効果があること思われます。

ハーブティーなので少し独特の香りはありますが、「飲みやすい」という意見が多いです。

「外出にも持って行きやすい」という意見も見られ、常に形態しやすいこともポイントです。

またハーブティーということで、「リラックス効果」も兼ね備えています。

「ミルクアップブレンド」以外にも、「AMOMA」はママと赤ちゃんのための
様々なアイテムがラインナップされており、一度はチェックしておくことをおすすめします。

基本的には、2人目3人目の方がスムーズな授乳となります。

初めての経験の際には、悩み(痛み)を伴うことは不思議なことではありません。

しかし、その多くがだんだんと量も作業も”スムーズ”なものとなってくるものです。

また、無理はせずに粉ミルクを与えることも検討しましょう。

粉ミルクを与えたからといって、愛情不足や情緒障害が出るということはありません。

ただし授乳は大切なつながりであり、今しかできない経験でもあります。

深く悩まず、愛情を注ぎながら、焦らず与えていくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました