「産後クライシス」の症状と乗り越え方

産後のママケア

子供を生んでから、夫にあまり愛情を感じなくなってしまったり
なんだかイライラして、夫に当たってしまうことがあるはずです。

「妊娠前から日常的にあった」なんて方もいるかもしれませんが・・・

特に、産後に顕著になることは珍しくはなく
言うまでもなく、それには「ホルモンバランス」の急激な変化が影響しています。

大変なイベントを終えた反動というのは、肉体面のみならず
内面に関しても、なかなか対応の難しい変化を生むことになります。

産後の育児やライフスタイルの変化によるストレスなどによって
夫婦の関係が悪化していくことを、最近では「産後クライシス」と呼びます。

以前は、産後のイライラや抑鬱状態・不眠をまとめて
「マタニティブルー」と呼んだりしていましたが、
現在では、産後クライシスとしてもっと深刻に扱われています。

具体的な例としては、

  • なかなか寝てくれない・・・
  • ちゃんとおっぱいを飲みこんでくれない・・・
  • 泣き止まない・・・

なんて、ついつい赤ちゃんのせいにしてしまったり

  • 何で私ばかり・・・
  • 何でもっと手伝ってくれないの?・・・
  • 手伝うのは楽しいお風呂だけ・・・

なんて、ご主人を責めてしまったりと
自分の気分だけでなく、パートナーとの関係にも影響してしまい
最終的には、大切な赤ちゃんのへ悪影響を及ぼしてしまいます。

産後クライシスの原因としては、育児のストレスと思われがちですが
その根底には、産後の不安定なホルモンバランスにあります。

ただでさえ、女性の感情は女性ホルモンに支配されています。

出産直後という不安定な時期には、なおさら影響を受けてしまいます。

またあくまで仮説ですが、本能として子供を守るために
周りに対して攻撃的になるという説もあります。

このホルモンバランスが産後に落ち着くまで時間がかかり
それまでの間に、どう対処していくかが大切になります。

しかしながら、ホルモンの特徴として「急に良くならない」ため、
焦りは禁物であり、慌てずに少しずつ改善することが必要です。

産後クライシスの対策と克服の方法

産後クライシスは、”いわゆるマタニティーブルー”と症状がかぶる部分がありますが
その象徴的なものが、パートナー(夫)に関する不満です。

本来協力しなければいけない関係にも関わらず一緒にいたくない
喋りたくもないなどと、極端な拒否感を訴えるケースもあります。

しかし、それはでは結果的にデメリットしか生みません。

「自分も相手も悪くない」という前提のもとで、
しっかりと、対策を考えていくことが必要になります。

そもそもが誰にでも起きる可能性のある、ありふれた症状であり
しっかりと分析した後に、自分に当てはめて改善策を考えていきましょう。

ベースになってしまう「イライラ」

典型的な育児ノイローゼの症状であり、また前兆とも言えるものです。

イライラしたり、目の前のことに集中できなかったり
ひどい場合は赤ちゃんを叩いてしまったりと、虐待の一歩手前につながってしまうこともあります。

女性ホルモンの変化が大きく関わっており、仕方がない面もありますが
産後の「環境」によっても、気分が乱れることも多いです。

原因不明の不安感や、恐怖感が襲ってきて
育児で疲れているのにも関わらず眠れなくなる方も多いです。

産後クライシスの症状は、産後数週間・数ヵ月後に現れ、長いもので2年間続くケースもあります。

その間を、いかに耐える・乗り越えるかが鍵になります。

育児をしていくうえで1番大切なことは、パートナーとのお互いの協力です。

両親の関係が、うまくいかないということは
赤ちゃんにとって、子育てにとっても非常に悪影響があります。

そして、育児はまだまだ始まったばかりなのです。

産後クライシスの根底には、「妊娠中は大切にしてくれていたのに」という気持ちもあるようです。

ママの立場からはそんな風に思わず、パパの立場からはそんな風に思わせないことが必要です。

育児を手伝うこと(手伝ってくれないことを深刻に起こらないこと)

感謝すること(感謝してくれないと責めないこと)

そして一番大切なことが、たまに一人の時間作ること(作ってあげること)です。

常に向き合ってばかりでは、精神的に追い詰められるのは当然のことです。

ゆっくりと「元の生活」とのバランスをとっていく

乱れたホルモン環境を、元の状態まで回復するためには
妊娠前の「元の生活」をしていくことが、最も効果的です。

更に「生活リズム」を整えていくことで、より効果的な改善が見込めます。

しかしながら、そもそもそれができない時期が産後です。

「赤ちゃんのお世話」という避けることのできない要素が加わることで、
「安定した生活リズム」等といったことは、できないといった状況が続くことになります。

だからこそ、協力が必要になるのです。

互いが互いを思いやり、「できること」をしていくしかありません。

特に大切なことは、食事に加えて「睡眠」であり
まずは、「できるだけリズムの安定した睡眠」をとれるように協力・工夫しましょう。

タイトルとURLをコピーしました