「完母」と「完ミ」の違いとは?~結局どっちがいいの?移行する時期はいつ?~

授乳のコツ

「完母(母乳だけを飲ませる)」や、「完ミ(粉ミルクだけを飲ませる)」といった言葉は
比較的新しいものであり、その”考え方”としては昔も存在していたものの
従来とは<構え方>に関して、やや異なってきたように思えます。

授乳の問題に関わらず、育児の話題において「どっちがいい」や「こうするべき」といった
様々な情報が氾濫しており、混乱している・悩んでいるお母さんが増えています。

場合によっては、そのプレッシャーから「育児ノイローゼ」の入口に立ってしまうこともあるようです。

「意識の高いママ友」や「おしゃれ育児雑誌」だけでなく、
「ネット(当サイトもそうですが)」といった情報があふれる現在は、育児に対するプレッシャーも多く
その中でも「愛情」といった要素も考慮される、<授乳>に関する問題はより神経質になりがちです。

”こだわり”を持つのは、人の自由です。

しかしながら、人は人、自分は自分であり、
「人がこう言っているから」は気にすることはないはずです。

とは言っても、

「知識」という意味で、”どちらがいいのか”を真剣に悩んでいる方もいるはずです。

「完母」および「完ミ」に関わる、主な心配ごととしては

  • そもそもどっちがいいのか?
  • 最初は「完母」として、いつから「完ミ」にするべきか?
  • その移行時期はいつくらいがいい?
  • 「完母」からミルクに移行した際、哺乳瓶を嫌がる?

「想像」や「聞いたこと」等が混じり合い、混乱してしまうのは当然のこととも言えます。

本来はどちらでも・混合でも問題ないもの

実際に「母乳」の力というのは、非常に大きなものです。

体の成長のためだけではなく、「免疫力」やその後の成長に関わると考えられる
特別な要素も、幅広く存在することが事実です。

何より「愛情の証」や「つながり」といった、「今しかできない」ことであることも確かです。

ただし「粉ミルク」に関しても十分な利用があり、そもそも「害」がないものです。

出産直後というのは、母乳が出にくいことも多く
途中から完母で育て始める、また完ミから完母ということも珍しくありません。

というより、こちらが一般的です。

「挫折」に関しても「意志が弱い(愛が足りない)」等
気にすることはなく、多くの女性が該当するはずです・・・

そもそも”ストレスで出なくなる”というのは、まさに本末転倒な事態と言えます。

混合には、それはそれで「乳頭混乱(ニップルコンフュージョン)」といった
別のトラブルも想定できますが、結局は「求めている方でいい」と気楽に臨みましょう。

「完母」から「完ミ」にする時期は?その逆も?

「仕事」や「卒乳」といった様々な事情から、いずれは完ミになることが一般的です。

その際に「3か月」や「半年」といった、きりのいい時期を目安にすることも多く
また”徐々に慣れさせる”ことも必要であることから、ママさんの都合で問題ないはずです。

「母乳が出なくなる」ことも珍しいいことではなく、
それがきっかけでやめる、というケースも多いようです。

これくらいの時期から”始める”ママさんもおり、完母という概念は人それぞれでもあります。

その際に発生する新たな問題が、「哺乳瓶」に関するものになりますが
その内容に関しても、基本的には上記の乳頭混乱の考え方に通じます。

赤ちゃんと自分のペースで考える

卒乳の前から働き始めるママさんもたくさんおり、その際により混乱してしまうこともあるはずです。

そういった場合には、最も身近な「ママのママ(おばあちゃん)」に相談し
同じように(自分が育ったように)、試してみることも有効な考え方です。

ママのママの知恵や、反省・後悔を参考にしましょう。

改めて、母乳・授乳に関わる問題というのは「愛情不足の懸念」による「出ないプレッシャー」や
「飲んでくれないガッカリ感」や「授乳の大変さ」に加えて、「経済的な負担」等がつきものです。

そういった際にも、「ママ達の都合」を優先するべきであり
そもそも赤ちゃんの成長に関する内容というのは、本来プレッシャーと戦うべきではないのです。

タイトルとURLをコピーしました