母乳が出やすくなる食べ物・メニュー~授乳期に意識すべき食事の内容~

授乳のコツ

妊娠中は誰もが健康管理に注意するものであり、その中心はやはり「食生活」になります。

赤ちゃんを産むことで、最優先が「赤ちゃんの健康」になりますが
赤ちゃんの健康に関しても、もちろん食生活が要になります。

そして、その食事とは、生後数か月は「母乳のみ」であり
しばらくは、母乳が健康維持の中心となります。

授乳期というのは「へその緒」の代わりが乳房になった状態であり、母乳は赤ちゃんの生命線です。

母乳の役割は、ここで言うまでもありませんが
「体の成長」だけでなく「抵抗力を付けるため」でもあり
しかしながら、そういった「プラスに働く面」だけでなく
赤ちゃんの体に対する「害」等も考えていく必要があります。

「食中毒」だけでなく、「体調不良」といったことに関しても
大人でさえ、日々の食事が原因で起こることになります。

しかしながら、赤ちゃんは自分で注意することができず
「母乳(赤ちゃんの食生活)の管理」は、その100%がお母さんの役目でもあります。

プレッシャーだとは思いますが、神経質になるのではなく
注意すべき部分だけ、注意していきましょう。

授乳期における食生活の注意点

母乳に関する悩みは、数多くのケースが存在しますが
「神経質になりすぎかな?」と思われることも多く
基本的には「食生活」に加えて、「血行」といったもの
またそれに関しても、基本的には食生活が影響を与えます。

今回は「母乳のための食生活」を中心に、特に注意すべき点を紹介します。

まずは母親の食生活に関して、母乳に影響するものと影響しないものがあります。

しかしながら、「100%影響しない」とは言いきれず
特に何らかの「アレルギー」を持っていた際には
そのアレルギーとなる食材(小麦粉・ピーナッ等)を母親が摂取した際に、
その成分が母乳にまざり、
赤ちゃんがアレルギーを起こすことは”あり”ます。

もちろん”大丈夫」な場合もあり、それは「どの程度耐性があるのか」に尽きるものであり
また、その原因物質の「強さ」も影響を与えます。

すなわち、「母乳にもまざる成分がある」ということが判明することになります。

だからこそママさんの食生活に関しても、注意して摂取する必要があるのです。

母親の食生活は母乳と赤ちゃんにどんな影響を与えるか?

「赤ちゃんの体質」を見極めるタイミングでもある

ただし、この時期のリスクというのは、赤ちゃんの体質を見極めるために必要なものであり
決して避けては通れないものでもあります。

母乳のみで、重篤な症状を起こすことは珍しいと言えますが
ママさんの食生活に照らし合わせながら、赤ちゃんの体調の変化を見極めましょう。

授乳期に相応しい食生活

授乳期には「健康的な食生活」と言われるような、あらゆる栄養素が不足しないことを心掛けましょう。

日本で生活を送っているのであれば、それほど難しくはないはずです。

それに加えて「血行」と「リンパ液」に注目し、”出やすい状態”に体を作ることが必要です。

母乳の通り道である、乳腺に問題が起きるパターンとして「炎症」が起きていることが考えられますが

その炎症の理由としては、「体液」の滞りが考えられます。

特にわきの下周辺は血管・リンパ節が集中しており、これらの問題は母乳に大きく影響を与えます。

  • 「むくみ」が起きないように塩分を控える
  • 「水分」の摂取を意識する
  • 「鉄分」を多く摂って、結構をよくする

基礎栄養素の不足に加えて、これらを意識しましょう。

また、産後の体調・母乳のために「葉酸サプリ」等を摂取している方は
それに加えて「DHA」といった、血液を綺麗にする効果のある栄養素も意識してみましょう。

特に高齢出産だった場合等は、もともと血液・血行にトラブルを抱えていることも多く
健康面を考えても、立て直したいタイミングと言えます。

タイトルとURLをコピーしました