【母乳にも安全!】赤ちゃんのひどい夜泣き対策におすすめの「すやねむカモミール」

夜泣きの対策

0歳~2歳の「赤ちゃん」と呼ばれるような年齢のお子さんを持つママにとって
最も大きな悩み、悩んでいるママが多い悩みに「夜泣き」があります。

「育児ノイローゼ」に陥ってしまう代表的な要素でもあり、仕方がないことでもありますが
”できることなら”軽い症状で収まって欲しい・過ぎ去って欲しい、何とも悩ましい時期です。

この夜泣きが始まる時期は、非常に個人差がありますが
「生後3ヶ月~1歳半」の間の「約3ヶ月間」、長い場合には「半年以上」続くことも珍しくありません。

完璧に抑える対処法は存在しないが

先輩ママに「夜泣きが大変でしょ」と言われた経験のあるママや
1人目の時の夜泣きが大変で、夜泣きの時期が始まる前から
心配になる、憂鬱になってしまうママもいるかもしれません。

この夜泣きの対応が大変な理由として、

「どうにもならない」

ということ現象であり、簡単に対処できる問題であればノイローゼになるママはいません。

また対処法にも個人差がある現象であり、全ての子に効果的な対処法がないものであり
おそらく、これらも発見されないであろう問題になります。

「カモミールティー」で赤ちゃんの心もおだやかに

成人の中にも睡眠障害、いわゆる「不眠症」に悩んでいる方は多く
対策・改善策として「カモミールティー」が有効であることが知られています。

「カモミールティー」とは、「ハーブティー」の一種であり
ママの中にも、その存在自体はご存知の方も多いと思います。

精神を安定させる「リラックス効果」や「鎮静作用」を持つことは事実であり
「生理が重い(特に精神的に)」女性にも有効なため、女性誌でも特集されることがあります。

赤ちゃん専用の「すやねむカモミール」

「ハーブティー」と聞くと、なんだかオシャレな大人の女性が飲んでいるイメージがあります。

しかし、赤ちゃんも飲める「赤ちゃん専用」の「カモミールティー」も販売されており
主に、「夜泣き対対策専用」として販売されているものもになります。

そしてその中でも、特におすすめなのが「すやねむカモミール」になります。



「すこすやかカモミールティー」は、発売以来多くのママと赤ちゃんに利用されており
その効果も高く評価されているアイテムになります。

より安全性に配慮した内容

そもそも、

「赤ちゃんにカモミールティーを飲ませて大丈夫なの?」

と思うママも多いと思いますが、一方で”推奨”している医療機関もあり危険なものではありません。

「カモミールティー」自体、体に負担のかかる作用があるものではなく
また「特殊な刺激」のある飲み物でもありません。

「すやねむカモミール」は、厳選された「有機成分」と「無添加・無着色」にこだわっており
安心して、赤ちゃんに飲ませることのできる飲み物になります。

公式ページには、口コミが豊富に紹介されており
同じ状況で悩んでいるママの意見も確認して、試してみることをおすすめします。

>>公式ホームページで「すやねむカモミール」の詳細を見てみる

「避けられない時期」を少しでも楽に

「泣くのが仕事」と言われている赤ちゃんにとって、夜泣きは当たり前のことでもあります。

しかし「なにか大変なことが起きてるんじゃないか?」と思ってしまうような
「夜驚症」と呼ばる特にひどい夜泣きの症状も、それほど珍しくはないことが現実です。

また夜驚症までではなくとも、「どうにかならないものか・・・」と
つい思ってしまうような、「過度の夜泣き」を経験する家庭もあります。

もちろん、夜泣きは病気ではありません。

そして赤ちゃんも、わざとママを困らせようと思っているわけではありません。

しかし「少しでも楽になれば」思ってしまうことは事実でもあり
そんな不安定なママの精神状態は、子育てに大きく影響してしまいます。

ママの精神的な安定のためにも、できることは取り入れていくべきであり
ぜひ、ママも一緒に「すやねむカモミール」を試してみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました