授乳後に乳首が痛い・痒くなる症状を防ぐ・改善するためにおすすめのクリーム

授乳期のママを悩ませる、おっぱいに関するトラブルは
母乳の「量」や、乳房の「張り」だけではありません。

「乳首」に関しても悩んでいるママは多いようであり、
その主な悩みの内容としては

痛い

痒い

以上が大半でああると言えます。

授乳の際、「毎回痛い」や「常に痒い」という症状
また授乳後・日常的に同じ悩みを抱えるママが、かなりの割合でいるようです。

頻繁に赤ちゃんに吸われる部分であることを考えれば、授乳期においては当然のことでもあります。

「刺激」と「乾燥」によって引き起こされる

「痛み」と「痒み」の度合いは人それぞれであり、痛みの前に痒みがあったり
痛みが取れてくると、段々と痒くなる等そのパターンは様々ですが
それらを引き起こしてい原因は、「刺激」と「乾燥」です。

またきっかけとなる”刺激”に関しては、赤ちゃんの吸い付きが主な原因です。

授乳の瞬間は母性を感じる・幸せな時間ですが、手加減・容赦ない吸い付きは
時に「イタッ」と、感じることも多いのではないでしょうか?

乾燥に関して、妊娠前・出産前はそれほど感じなかった感覚かもしれませんが
赤ちゃんの「唾液」によって、常に

  • 「お風呂上り」の体
  • 「洗い物」が終った後の手

と同じ状態になっていることになり、乾燥してしまうのは、当たり前のことなのです。

そしてその乾燥状態は「敏感肌」を招くことになり、より痛みのリスクも上昇します。

そのためできるだけ乾燥させない・保湿することが、乳首の痛み・痒みを防ぐためにまずは必要です。

乳首が黒ずむリスクでもある

また肌への「刺激」は、色素沈着の原因である「メラニン」を発生させるきかっけになります。

シミ・そばかすの原因として有名なメラニンですが、乳首の「黒ずみ」に関しても悪影響を与えます。

痛み・痒みの”次に来る”ママの悩みが、「乳首の黒ずみ」になります。

乾燥・黒ずみを防ぐおすすめのアイテム「ホスピュア」

授乳が招く乳首のリスクである、

  • 痛み
  • 痒み
  • 黒ずみ

この全てをケアすることができる、おすすめのアイテムが「ホスピピュア」です。



「ホスピピュアは、”汚れの除去”によって乳首の黒ずみを落とすことを目的としたアイテムですが
そのメカニズムは「肌に潤いを与える」ことで、汚れを除去しやすくするというコンセプトです。

乾燥した乳首を守るためにピッタリのコンセプト

であり、おススメのアイテムになります。

「ホスピピュア」は、元々は「黒ずみ除去」を目的としたアイテムであり
黒ずみの対策にもつながるため、「美容」という観点からもぜひおすすめです。

「ホスピピュア」の使用の際の注意点

可能な限り、「痛み・痒みを感じる前」に塗った方が効果はあることには違いありませんが
言うまでもなく、乳首は授乳の際赤ちゃんの口が”直接”触れる場所でもあります。

そのため、こういったアイテムの使用は
授乳の頻度が落ち着いた・ある程度タイミングが分かるようになってきてからの使用が望ましいです。

塗った直後の授乳になる場合は、一度拭き取ってから含ませることを心がけましょう。

>>「ホスピピュア」の詳細・販売公式ページはこちら

【母乳が出ない!】授乳時に痛くてつらい悩みを改善する方法
タイトルとURLをコピーしました